木. 4月 15th, 2021
Mark Jacobs

進化を続けるブランド「マークジェイコブス(Mark Jacobs)」


ルイ・ヴィトンの アーティスティック・ディレクターを務めた経歴もあるマークジェイコブス。
世界で最も有名なデザイナーの一人と言っても過言ではありません。

そんなマークジェイコブスですが、どんなブランドなのでしょうか。
ここでは、マークジェイコブスの特徴や歴史について紹介します。
出典 :https://www.marcjacobs.jp/

マークジェイコブスとは


マークジェイコブスは、アメリカのニューヨーク出身のデザイナーです。自身の名をブランド名に、ウィメンズ、メンズ、キッズのウェアだけでなく、バッグや財布、時計、アクセサリーなど幅広いファッションアイテムを取り扱っています。

マークジェイコブスの歴史


創業者のマーク ジェイコブス(MARC JACOBS)は、1963年、アメリカのニューヨークに生まれました。1981年、パーソンズに入学し、在学中からペリーエリス賞などさまざまな賞を受賞しました。

1984年、ロバート・ダフィとパートナーシップを組み、二人はジェイコブス・ダフィ・デザイン社を設立。
1986年にマークジェイコブスを創業し、ブランドとして初のコレクションを開催します。
1988年にペリー・エリスでレディース部門の責任者に就任し、グランジ・コレクションを発表しました。しかし保守的なエリスの顧客にはマーク ジェイコブスのデザインは受け入れられず、コレクションラインを終了、契約中に解雇されることになります。

1996年、セカンドライン「マーク ジェイコブス・ルック」をスタートさせ、1997年、プレタポルテに参入することを計画していたルイ・ヴィトンのアーティスティック・ディレクターに抜擢されました。レディース・メンズウェア、アクセサリー全般を監修。1998A/Wよりパリ・プレタポルテ・コレクションでルイ・ヴィトンのレディースコレクションラインがデビュー。最高に贅沢な素材を使用、上品で精妙、シンプルなデザインを発表しました。
ルイヴィトンが老舗のバックブランドから一流の「ファッションブランド」にまで成長することに大きく貢献し、ルイヴィトンの売上も大幅に増加、ブランドとしての絶対的な地位を築きました。(メンズラインは2000年よりスタート)
 
2015年にはセカンドラインのマークバイマークジェイコブスが終了、マーク ジェイコブス(MARC JACOBS)と統合することを発表しています。

マークジェイコブスの人気アイテム

スナップショット

スナップショット

人気のスナップショットは、クラッチ、クロスボディ、ショルダーとして使えるタイプもあります。
出典 :https://www.marcjacobs.jp/

ザ ボックス

ザ ボックス

ヴィンテージのランチボックスからインスパイアされた「THE BOX」
出典 :https://www.bluek.co.jp/

ザ コミューター

ザ コミューター

日々いろいろな場所へ移動や通勤をする、忙しく働くMJ Girlのために作られました。
出典 :https://store.shopping.yahoo.co.jp/

ミニ クルーザー

ミニ クルーザー

ちょうど良いサイズ感の、機能性とデザイン性を持ち合わせています。
出典 :https://zozo.jp/

マークジェイコブスを購入できるおすすめのお店



マークジェイコブス青山
出典 :fashion-headline.com

店舗名 マークジェイコブス青山
住所 東京都港区南青山5-3-27
電話番号 03-6418-1188
営業時間 11:00〜20:00

まとめ


いかがでしたか?ここではマークジェイコブスについてご紹介してきました。
進化し続けるブランド、マークジェイコブスの世界観を是非一度体感してみて下さい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です