火. 10月 26th, 2021
アレキサンダーマックィーン

ピュアで過激なデザインは唯一無二! アレキサンダーマックィーン


アレキサンダーマックィーン。
ファッションに詳しくない人でも一度は耳にしたことがあるのではないでしょうか。
過激なショーが毎シーズン話題になったアレキサンダーマックィーンですが、どのようなブランドなのでしょうか。
ここではアレキサンダーマックィーンの歴史や特徴などについてご紹介いたします。

アレキサンダーマックィーンとは


アレキサンダーマックィーンとは、イギリスの代表的なファッションブランドです。
レディース、メンズ、バッグ、ジュエリーなどを手掛け、有名メーカーとのコラボレーション商品も多数売り出しています。
アバンギャルドなデザインが特徴で、レディー・ガガやビョークなど、アレキサンダーマックイーンを愛用するアーティストは多数います。
また、イギリス王室においてキャサリン妃がウィリアム王子との結婚式の際に、アレキサンダーマックィーンのドレスを着用したことでも注目を集めました。

アレキサンダーマックィーン
出典 :https://www.pinterest.jp/pin/422494008770455989/

アレキサンダーマックィーンの歴史


ブランド創業のきっかけともなったのが、イギリスはセントラル・セント・マーチンズの卒業コレクション「獲物を狙う切り裂きジャック」。
この卒業コレクションにVOGUEの有名編集者だったイザベル・ブロウが訪れ、アレキサンダー・マックイーンのコレクションを5000ドルという価格ですべて買い取ったことがデビューのきっかけとなりました。
アレキサンダー・マックイーンの本名はリー・アレキサンダー・マックイーンなのですが、ミドルネームのアレキサンダーを使うようにアドバイスしたのもイザベル・ブロウだったと言われています。
1993年にロンドン・コレクションでデビュー。
その後もロンドン・コレクションにて作品を次々と発表し、アレキサンダーマックイーンは徐々にブランドとしての地位を築いていきました。
2002年からはパリコレクションにて作品を発表し、さらに2003年からはメンズラインも取り扱いを開始しました。
また、2006年にはスポーツ用品メーカーのプーマと、2007年にはスーツケースメーカーのサムソナイトとコラボレーションを行うなど、2000年代に入ってから多岐にわたってアイテムを展開しています。
ブランド自体は展開を続けるなか、2010年に創設者のリー・アレキサンダー・マックイーンが死去。リーの死後も、サラ・バートンのもとでアレキサンダーマックイーンは進化と成長を続けています。

まとめ


いかがでしたか?
ここではアレキサンダーマックィーンについてご紹介いたしました。
みなさんも是非一度店舗へ足を運んで、アレキサンダーマックィーンの世界観を体感してみて下さいね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です