火. 10月 26th, 2021
ダークシャドウ

リックオーエンスのカジュアルライン ダークシャドウ


リックオーエンスのカジュアルラインとしてデビューするも瞬く間に人気を博し、入手困難アイテム続出のダークシャドウ。
ここでは、ダークシャドウの歴史や特徴についてご紹介します。

ダークシャドウとは


リックオウエンスから始まったブランド、ダークシャドウは、厳選されたショップにだけ提案するコレクションで、スウェットやコットン、デニムなどのラフでカジュアルなラインが展開されています。
ダークシャドウではカジュアルさがありつつも、エッジの効いたデザインで洗練された世界観が表現されており、独創的で美しい雰囲気が醸し出されています。
メインラインのリックオウエンスの世界観を楽しみつつも、求めやすいプライスなのも魅力のひとつです。

ダークシャドウ
出典 :https://www.makes.jp/blog/?detail=d66d869d-ac4f-4c4d-9fae-3b720d690ca0

ダークシャドウの歴史


デザイナーのリック・オウエンスは、1961年11月18日アメリカカリフォルニア州生まれ。
アートスクール「オーティス・パーソン」ではファイン・アートを専攻するも、中退。後に技術専門学校でパターンとカッティングの技術を習得しました。
2001年に、VOGUE MAGAZINEの支援を受けて、ニューヨークで初めてコレクションを発表しました。
当時『フレンチ・ヴォーグ』誌のカリスマ編集長だったカリーヌ・ロワトフェルドを始め、多くの編集者たちが彼のダイナミズムを賞賛し、たちまちブランドは有名に。
その後、2003 年からはパリに活動の場を移し、現在に至ります。
DRKSHDWは、デザイナーが選定する厳選されたSHOPのみで展開されているコレクションです。
スエットやコットンのデニムを中心としたカジュアルなアイテムが展開されています。
RICK OWENSならではの素材感、色合い、美しいシルエットがより際立ちます。
日本国内では殆ど取扱いがされていない非常に希少なラインナップです。

まとめ


いかがでしたか?
ここではダークシャドウについてご紹介しました。
しっかり作り込まれたウェアに対して比較的ロープライスなダークシャドウ。
みなさんも是非一度お試しになってみて下さいね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です