日. 12月 5th, 2021
ネヘラ

チェコスロバキア発 コレクションブランド ネヘラ


まるで「動く彫刻」と表現され、ウェアにさえリズムと生命感を感じさせられるブランド、ネヘラ。
近年では日本でも注目されるブランドですが、その歴史は古く遡ります。
ここでは、ネヘラの特徴や歴史などについてご紹介いたします。

ネヘラとは


ネヘラとは、チェコスロバキアで生まれたファッションブランドです。
アイテムは厳選されたハイクオリティな天然素材を使用。
チェコスロバキア時代からの経験に基づいた構築的なシルエットが特徴的なブランドです。
ショーでは熟年のモデルも登場し、ネヘラの服はどの年代にもなじむことがわかります。

ネヘラ
出典 :https://www.behance.net/gallery/58404081/NEHERA

ネヘラの歴史


ネヘラは、チェコスロバキアで生まれ、1930年代に、ヤン・ネヘラ(Jan Nehera)によって創設されました。
ヨーロッパ、アメリカ、アフリカなどで130以上の店舗を持つほど、人気を博した時代もあったが、その後長くにわたりブランドを休止。
2014年、サムエル・ドゥリラ(Samuel Drira)をクリエイティブ・ディレクターに起用し、リローンチされました。
新生ネヘラにも、ヤン・ネヘラが築いたチェコとスロバキアのテーラースタジオや工場の伝統技術が存分に生かされています。
2017年春夏コレクションではスロバキアに昔から伝わるインディゴ染めが採用されています

まとめ


いかがでしたか?
ここではネヘラについてご紹介しました。
チェコスロバキアのコレクションブランドとして再度注目されているネヘラ。
是非みなさんもその世界観をご覧になってみて下さいね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です