木. 9月 29th, 2022
チルドレンオブザディスコーダンス

ストリートから生まれたラグジュアリー チルドレンオブザディスコーダンス


ここ数年で世界規模の人気を誇るようになったブランドChildren of the discordance。
特にヴィンテージバンダナをファブリックに用いた服のクリエイションは、海外のセレブリティたちをも虜にし、Dover Street MarketやBrowns をはじめ、各国のラグジュアリーなブティックにも並ぶようになりました。
ここでは、CHILDREN OF THE DISCORDANCEの魅力などについてご紹介します。

チルドレンオブザディスコーダンスとは


CHILDREN OF THE DISCORDANCE(チルドレン オブ ザ ディスコ―ダンス)とは、日本のファッションブランドです。
主にメンズウェアを展開しています。
ブランド名の「Children of the discordance」には、10代の頃からずっと抱いていた「流行、社会、時代の流れに調和しない、自分たちだけのスタイルを守りたい」という思いが込められています。

チルドレンオブザディスコーダンス
出典 :https://blog.us-onlinestore.com/brand/b-2nd-uncut-bound/shop/uncut-bound-shinjuku/dae3af26-a403-4518-b975-3354f35a6646

チルドレンオブザディスコーダンスの歴史


CHILDREN OF THE DISCORDANCEは2012年春夏からスタートしました。2013年から、デザイナー3人体制から志鎌さん1人でデザイナーを務めることになりました。
デザイナー自身が体現していきたユースカルチャーやヴィンテージウェアへのバックボーンを独自のアプローチでコレクションを発表しています。
厳選されたビンテージや貴重なアーカイブを大胆に解体再構築した斬新なデザインは、他のブランドとは一線を画しており、国内外で高い評価を受けています。
ブランドでは3つのラインが存在し、メイドインジャパンにこだわられたラインと、NAOTO YOSHIDAとのヴィンテージリメイクライン、フェアトレードのラインが存在します。
リペアショップ「RECOUTURE(リクチュール)」にカスタムを依頼したフットウェアを2019年春夏に発表。
その後CONVERSE(コンバース)のチャックテイラーとNIKE(ナイキ)のCortezのカスタムを発表しています。

まとめ


いかがでしたか?
ここではchildren of the discordance についてご紹介しました。
国内の著名人やファッショニスタに人気高い
children of the discordance 。
みなさんも是非一度children of the discordance のクラフトワークを手に取ってご覧になってみて下さいね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です