月. 10月 3rd, 2022
アポクリファ

世界へ誇る新進気鋭ブランド アポクリファ


2020年のコレクションデビュー以来日本のファッション界の話題となっているブランド、アポクリファ。
独特なテーマを軸に展開される服は、多くのファンから支持されています。
ここでは、アポクリファの特徴などについてご紹介します。

アポクリファとは


アポクリファとは日本のファッションブランドです。
“アポクリファ”というブランド名は、”外典”と言う意味を示していて、ブランドコンセプトは「FANTASY」。
ファッションにおけるトレンドやメインカルチャーを正典とし、それを語る上で裏付けとなる外典の部分に注目して、アイテムを展開しています。
文化的背景、歴史的文脈を大切にして日々服作りをしているそうです。

アポクリファ
出典 :https://apocrypha-tokyo.com/

アポクリファの歴史


播本鈴二が手がけるアポクリファは2020年春夏コレクションより、播本鈴二によってスタートしました。
播本鈴二氏は服飾専門学校にて、デザイン、パターンを学び、在学中にコレクションブランドにてインターンを経験し、その後、株式会社ヨウジヤマモトに入社。
メンズパタンナーとして経験を積み、独立。2014年に自身の名を冠したレイジ ハリモト(REIJI HARIMOTO)を設立しました。
また、2015年に放映されたフジテレビの人気ドラマ・ファーストクラス(FIRSTCLASS)では、アーティストの衣装を担当していたことも話題になりました。

まとめ


いかがでしたか?
ここではアポクリファについてご紹介しました。
文化的背景、歴史的文脈を大切にして日々服作りをしているアポクリファ。
きっとみなさんもアポクリファの服からは時代やトレンドを感じとることができるでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です