月. 2月 6th, 2023
Vyner Articles

MM6のクリエイティブディレクターが手掛けるブランド ヴァイナー アーティクルズ (Vyner Articles)


「エムエム6 メゾン マルジェラ(MM6 Maison Margiela)」ウィメンズウェアのクリエイティブディレクターを務めるヘイキ・サロネン(Heikki Salonen)が手がける事で話題のヴァイナーアーティクルズ。
ストリートとワークを組み合わせたテイストで人気のブランドです。
ここでは、ヴァイナーアーティクルズの特徴などについてご紹介します。

ヴァイナー アーティクルズとは


Vyner Articles(ヴァイナー アーティクルズ)は、ロンドンのファッションブランドです。メンズウェアをメインに展開しています。
ブランドコンセプトは、「アーティストやクリエーターの為のワークウェアの提案」。
デザイナー自身が着たいと思うものを制作し、MM6よりもよりパーソナルなブランドとして立ち上げられました。
メンズウェアとして制作されていますが、女性の方でも着ることができるように考慮されています。
製造は、原材料から仕上げまでほぼ全ての工程を北インドで行っています。素材にはオーガニックコットンが使用されています。

Vyner Articles
出典 :http://www.memphis.jp/news/2019/12/vyner-articles-new-collection-start.html

ヴァイナー アーティクルズの歴史


デザイナーはHeikki Salonen(ヘイキ・サロネン)。
フィンランドのアアルト大学を卒業し、その後ロンドンのロイヤルカレッジオブアートで修士課程を修了しました。
2007年に自身の名前を冠したブランド「HEIKKI SALONEN(ヘイキ サロネン)を立ち上げ、2011年から「Diesel(ディーゼル)」のウィメンズウェアデザイナーに就任しました。その際自身のブランドは2012年から2014年まで休止していました。
2013年に「MM6 MAISON MARGIELA(エムエム6 マルタン マルジェラ)」のデザインチームに参加。
2018年に自身のブランド「Vyner Articles(ヴァイナー アーティクルズ)」を立ち上げました。「MM6 MAISON MARGIELA」のクリエイティブディレクターも務めています。

まとめ


いかがでしたか?ここではヴァイナーアーティクルズについてご紹介しました。
2018年に立ち上げられたにも関わらず、すでに注目度が高いヴァイナーアーティクルズ。
日本での展開も多く、東京・大阪・名古屋の他にも、熊本や富山でも取り扱っているショップがあるので是非一度ご覧になってみて下さいね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です