日. 5月 26th, 2024
KIMHEKIM

点滴や自撮り棒のコレクションで鮮烈デビュー KIMHEKIM(キムへキム)


2020年春夏からパリコレクションの公式スケジュールに参加して、注目度を高めているブランド、キムへキム。
SICK(病気)とプリントされたTシャツを着たモデルに点滴を持たせたことは、SNSを中心に賛否両論を巻き起こし話題を呼びましたが、
バレンシアガで経験を積んだことから世界のファッショニスタがチェックしているブランドです。
ここでは、キムへキムの特徴などについてご紹介します。

KIMHEKIM(キムへキム)とは


KIMHEKIM(キムヘキム)とはウィメンズファッションブランドです。
女性のシルエットを試験的な要素と共に探究することを目指し、アートと自然に対し、奥深く感受性を持った女性に向けて洋服作りをされています。
韓国の民族衣装にインスパイアされた柔らかなシフォン素材を用いたアイテムとバレンシアガで培ったテーラーリングが人気となっています。
クラシックなアイテムをベースに、大胆なカッティングなど意外性のある手法で面白いデザインのアイテムを展開しています。

KIMHEKIM
出典 :https://www.wwdjapan.com/articles/975125

KIMHEKIM(キムへキム)の歴史


キムへキムは、2014年に韓国人デザイナーKiminte Kimhekimによって設立されました。
2009年にパリのファッションデザイン学校を卒業し、その後「BALENCIAGA(バレンシアガ)」で経験を積みました。
ブランド名「KIMHEKIM(キムヘキム)」とは、太古の韓国王族の苗字であり、黄金の国と呼ばれていた時代を象徴しています。

まとめ


いかがでしたか?
ここではキムへキムについてご紹介しました。
伝統的なテーラリングと現代的なテーラリングの双方からインスピレーションを受けるキムへキム。
ファッション ショーでもレディトゥウェアのコレクションでも、独創的で遊び心あふれるレディースウェアを作り続けています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です