土. 7月 20th, 2024
rag & bone

洗練されたアメリカンカジュアル rag & bone(ラグ&ボーン)


とことんデニムに拘り、洗練されたアメリカンカジュアルを提案しているラグ&ボーン。
様々なブランドやアーティストとコラボレーションしており、活動の場をますます広げ注目されているブランドです。
ここでは、ラブ&ボーンの歴史などについてご紹介します。

rag & bone(ラグ&ボーン)とは


rag & bone(ラグ&ボーン)とはアメリカ・ニューヨークのファッションブランドです。
ブリティッシュヘリテージとモダンデザインをかけ合わせた独自のスタイルで人気を集め、伝統的なテーラリングと前衛的でありながらもさりげない、ニューヨークらしい美しさを融合させたコレクションとなっています。
米国国内でも長い歴史のあるファクトリーで働く職人たちの熟練した技術を大切にし、クオリティの高さや昔ながらのクラフツマンシップとディテールへのこだわりが投影されています。

rag & bone
出典 :https://www.vogue.co.jp/fashion/news/2012-08/06/rag-and-bone

rag & bone(ラグ&ボーン)の歴史


デザイナーを務めるのは、Marcus Wainwright(マーカス・ウェインライト)とDavid Neville(デヴィッド・ネヴィル)。
2002年にブランドをスタート。
2005年にはウィメンズラインも開始。同年にニューヨークコレクションでランウェイ形式のショーを発表しました。
2006年、CFDAメンズウェア部門新人賞を受賞。
2009年にシューズコレクションをスタート。
2010年にCDFAメンズウェア部門のグランプリを受賞し、2011年に海外初となるショップを東京・表参道にオープンさせました。
2016年にデヴィッド・ネヴィルが退任し、マーカス・ウェインライトが単独でCEOとなりました。
同年にメンズウェアのベーシックライン「rag & bone standard issue(ラグ&ボーン スタンダード・イシュー)から初のスニーカーが発表されました。

まとめ


いかがでしたか?
ここではラグ&ボーンについてご紹介しました。
日本をかわきりに現在ではイギリスやオーストラリア、韓国、台湾など世界各国へ洗練されたアイテムを発信しているラグ&ボーン。
“本物を作る”という設立当初から持ち続けているぶれない信念で今も服を作り続けています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です