土. 7月 20th, 2024
日本の伝統的な美意識と、アートや音楽などの世界のカルチャーを融合 ALMOSTBLACK

日本の伝統的な美意識と、アートや音楽などの世界のカルチャーを融合 ALMOSTBLACK(オールモストブラック)


大胆なペイント加工を施したものや、バックプリントのされたもの、ライダースジャケットとトレンチコートをドッキングさせたようなデザインのものなど、斬新なものが特徴のオールモストブラック。
細部へのこだわりや素材の質の高さが人気のブランドです。
ここでは、オールモストブラックの特徴などについてご紹介します。

ALMOSTBLACK(オールモストブラック)とは


オールモストブラックとは、日本のファッションブランドです。
ブランドネームの「ALMOSTBLACK(オールモストブラック)」は、日本語で「褐色(黒く見えるほど深い藍色)」という意味です。
ブランドコンセプトは「POST JAPONISM」。
伝統工芸や趣のある文化から育まれてきた「日本の美意識」、歴史を変えてきたアートや音楽などの「世界のカルチャー」の2つを融合させ、あたらしく「強いもの」を表現しています。

日本の伝統的な美意識と、アートや音楽などの世界のカルチャーを融合 ALMOSTBLACK
出典 :https://www.fashion-press.net/collections/16611

ALMOSTBLACK(オールモストブラック)の歴史


オールモストブラックは、中嶋峻太(Shunta Nakashima)、川瀬正輝(Masaki Kawase)の2人がデザイナーが務めています。
海外のデサイナーズブランドにてアシスタントデザイナーの経験を持つ中嶋さんは、帰国後勤めることになったアパレル企業で、様々なブランドでデザイナーとして研鑽を積んでいた川瀬さんと出会い、2人のやりたいことが一致していたことから、一緒にブランドを立ち上げることにしたそうです。
2015年秋冬シーズンにコレクションを発表しました。

まとめ


いかがでしたか?
ここではオールモストブラックについてご紹介しました。
日本の伝統とファッションを見事に融合させたオールモストブラック。
唯一無二のコレクションを是非一度ご覧になってみて下さいね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です