月. 5月 27th, 2024
JUVENILE HALL ROLLCALL

シンプルながらパンクキッシュな要素を併せ持つ JUVENILE HALL ROLLCALL(ジュヴェナイル ホール ロールコール)


コムデギャルソンやアンダーカバーで経験を積み独特なデザインを落とし込むジュヴェナイル ホール ロールコール。
カッティングやディテールに定評があり、多くのファンを持つブランドです。
ここでは、ジュヴェナイル ホール ロールコールの特徴などについてご紹介します。

JUVENILE HALL ROLLCALL(ジュヴェナイル ホール ロールコール)とは


ジュヴェナイル ホール ロールコールとは、日本のファッションブランドです。
曖昧で多義的、シンプルながらパンクな要素を併せ持つデザインが特徴で、既存のスタイルや背景に固執することなく、自由な考え方でユニークな世界観を生んでいます。
カッティングやシルエットにこだわり、ドメスティックブランドと比べても他にないデザインが楽しめます。
基本的にユニセックス、ワンサイズ展開で、着る人によって見せる表情を変えてくれます。

JUVENILE HALL ROLLCALL
出典 :http://garageeden.blog.jp/archives/51741890.html

JUVENILE HALL ROLLCALL(ジュヴェナイル ホール ロールコール)の歴史


デザイナーは入江泰(Tai Irie)。
1988年コム デ ギャルソンへ入社し、2年経験を積んだ後に退社。その後ロンドンへ単身留学。
帰国後、アンダーカバーにて企画、生産を行い、2002年退社。
その後ジュヴェナイル ホール ロールコールを立ち上げました。

まとめ


いかがでしたか?
ここではジュヴェナイル ホール ロールコールについてご紹介しました。
パンク要素を見事に昇華させているジュヴェナイル ホール ロールコール。
是非一度ご覧になってみて下さいね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です