火. 10月 26th, 2021
エミリオプッチ

テキスタイルデザインの先駆者 エミリオプッチ


ファッションやアートが好きな方なら誰もが一度は目にしたことがあるエミリオプッチのテキスタイル。
テキスタイルデザインの先駆者と言われるエミリオプッチですが、どのようなブランドなのでしょうか。
ここでは、エミリオプッチの特長や歴史についてご紹介します。

エミリオプッチとは


エミリオ・プッチとはイタリアのラグジュアリーブランドです。
ウィメンズウェアを中心にメンズウェア、バッグ、シューズ、アクセサリーと幅広く展開しています。
ポップなものから上品なももまで、カラフルな柄をプリントしたアイテムがブランドの特徴にもなっています。

エミリオプッチ
出典 :http://www.henkou-sunglass.com/emiliopucci.html

エミリオプッチの歴史


創業者のエミリオ・プッチは幼少期からその才能を発揮し、高校生の頃には自身がデザインしたスキーウェアを雑誌に掲載し、人気を博したと言われています。
以後、同誌から女性用の冬服を依頼され、ニューヨークで売り出されます。
1950年代にエミリオプッチの代名詞とも言える、鮮やかな幾何学模様でまるで万華鏡を覗いたような「プッチ柄」が制作されました。
その後も1960年代にはマリリン・モンロー、エリザベス・テーラーによって上品なプリントが受け入れられ、「プリントの王子(Prince of Prints)」の異名を持つまでになりました。
衣服やカーペット、アポロ15号使節団のロゴ等さまざまなデザインを受け持ってきました。
1992年、創始者であるエミリオプッチが死去した後は、娘であるラウドミア・プッチがブランドを引き継ぎ、2000年にはLVMHグループの傘下に入りました。

まとめ


いかがでしたか?
ここではエミリオプッチについてご紹介しました。
唯一無二のテキスタイル、エミリオプッチの世界観をみなさんもぜひ一度ご覧になってみて下さいね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です