火. 10月 26th, 2021
ヨウジヤマモト

独特なボリューム感が魅力! ヨウジヤマモト


ワーグナーのオペラや、ピナバウシュ舞踏団、北野武監督映画などの衣装制作も手がける事でも有名なヨウジヤマモト。
最近では若いファッショニスタにも非常に人気のブランドです。
ここではヨウジヤマモトの歴史や特徴についてご紹介いたします。

ヨウジヤマモトとは


ヨウジヤマモトとは日本のファッションブランドです。
オーバーサイズでジェンダーレスな衣服、最先端の素材を使用し、前衛的なフォルムを構築したデザインは今までの既成概念をぶち壊し、常にファッション業界の最前線をひた走ってきました。
「アーカイブストア」でも取り扱われていたりと常に人気ではありますが、特に今若い世代を中心に「ヨウジヤマモト」ブームが高まっています。

ヨウジヤマモト
出典 :https://sirchive.com/yohji-yamamoto/

ヨウジヤマモトの歴史


ヨウジヤマモトは、デザイナー山本耀司によって設立されたブランドです。
1972年、既製服の部門として株式会社Y’s(ワイズ)を設立し、1976年には青山のベルコモンズの地下に初の直営店をオープンさせました。
1977年には東京コレクションにデビュー、そして1981年にはパリのプレタポルテコレクション、翌1982年にはニューヨークコレクションにもデビューし、同時にYohjiYamamotoをスタートさせました。
1981年のパリプレタポルテコレクションにはコムデギャルソンも参加。
ヨウジヤマモトと共に日本から参加した2つのブランドが、当時タブーであった黒を基調としたコレクションを披露したことで、「黒の衝撃」と呼ばれる一大旋風を巻き起こしました。
1988年には株式会社ヨウジデザイン研究所を設立、それ以降、主にパリを拠点にコレクションを展開するようになります。
2001年には北野武監督作品「BROTHER」の衣装を担当しました。
その際に北野がヨウジの服を大変気に入り、「座頭市」「アウトレイジ」など以降の北野作品の衣装はヨウジヤマモトが担当するようになりました。

まとめ


いかがでしたか?
ここではヨウジヤマモトについてご紹介しました。
日本のみならず世界のモード界を引率しているヨウジヤマモト。
みなさんも是非一度ヨウジヤマモトの世界観に触れてみて下さいね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です