金. 1月 21st, 2022
コシェ

フランス発 新進気鋭の注目ブランド コシェ


今数多くのメゾンが発表しているモードとストリートの融合。
そのラインを得意とし、多くのセレブから支持されているコシェ。
ここでは、コシェの特徴や歴史などについてご紹介いたします。

コシェとは


KOCHÉ(コシェ)は2014年に設立されたフランス発のインポートブランドです。
様々な大手ブランドで培った経験を生かして、ストリート要素とカジュアルをミックスさせた、独自のスタイルを提案しています。
ハイファッションとストリート系の中間に位置し、”Couture to Wear”をコンセプトとして掲げています。

コシェ
出典 :https://rakutenfashionweektokyo.com/en/topics/information/collection-report-koche/

コシェの歴史


デザイナーのクリステル・コーシェ氏は
イギリスの首都にある世界的な専門学校、セントマーチンズ美術大学をを経てパリを拠点とするクロエのスタッフなどとして活動します。
 2010年にはシャネル傘下のアトリエにて
アーティスティック・ディレクターに抜擢されました。
 その後、独立して2014年に自身のブランド「KOCHE」を立ち上げ、
翌2015年から早くもパリコレクションのプレタポルテ部門に参加しはじめました。
 2016年にはルイヴィトンなどが所属するコングロマリット
LVMHが主催する若手デザイナー向け賞
「LVMH Prize」にてファイナリストに選出。
 また、 2016年秋には日本で開催される東京コレクションにゲスト参加し、都心にて路上ショーを行った事により、日本での人気が飛躍的に向上しました。

まとめ


いかがでしたか?
ここではコシェについてご紹介しました。
ストリートとクチュールが折り混ざったラインが日本でも人気急上昇のコシェ。
是非みなさんもチェックしてみて下さいね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です