日. 5月 22nd, 2022
YANYAN

ニューヨーク発のニットブランド ヤンヤン


世界中の工場では、一度も使われることのない糸が眠っているといわれています。
そして、それらの多くは捨てられる運命にあるのが実情です。
この問題を解決すべく、デビュー間もないNYと香港を拠点とするブランドがヤンヤンです。
こけでは、ヤンヤンの歴史などについてご紹介します。

ヤンヤンとは


ヤンヤン(YanYan)は、ラグ&ボーン(rag & bone)でディレクターとしてキャリアを積んだPhyllis Chanと、香港デザイナーSuzzie Chung の2人が手がけるニューヨーク発のニットウェアブランドです。
上質なニット素材と、中国の伝統的な漢服にインスピレーションを得たプレイフルにデザインを採用したニットウェアを展開しています。

YANYAN
出典 :https://superamarket.jp/

ヤンヤンの歴史


2019年、Phyllis ChanとSuzzie Chung のデュオが、ニューヨークでスタートしたのがヤンヤンの始まりです。
「Proudly knitted in China」をコンセプトに、デッドストックや生産過程で余った高級ヤーンを使ってアイテムを製作しています。
トレンドに左右されず、商品廃棄などの無駄を抑えるビジネスモデルを目指しています。
スコットランドやイタリア、日本で紡績された上質な糸のデッドストックをまとめて買い取り、オリジナルのアイテムを生み出しています。

まとめ


いかがでしたか?
ここではヤンヤンについてご紹介しました。
残糸に秘められたビジネスチャンスとクリエイティビティの融合という大きな可能性を秘めていることを証明するヤンヤン。
是非みなさんも一度手に取ってご覧になってみて下さいね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です