土. 11月 26th, 2022
ベースマーク

伝統と革新のニューブランド ベースマーク


2015年秋冬シーズンにスタートした「ベース マーク」。
デビュー後ニューヨークで1年間展開し、ブランドの軸を固める期間として2シーズンの休止を経て、2017年再スタートを切り日本のファッション業界に新たな旋風を巻き起こしました。
ここでは、ベースマークの特徴などについてご紹介します。

ベースマークとは


ベースマーク(BASE MARK)とは、日本のウィメンズファッションブランドです。デザイナーは金木志穂氏です。
ブランドコンセプトは”スタンダードをモードに遊ぶ 普遍的なアイテムをモードに昇華することでファッションの進化を創造する。”
テーラードアイテムのパターンアレンジを得意とし、スタンダードなアイテムにテクニックを駆使して遊びを加え、モードに着用できるアイテムに昇華しています。
ウール素材を軸に、レイヤードや異素材ミックスなどによって本来のウールのイメージを一変。新たなウールの価値を表現し、話題を呼んでいます。

ベースマーク
出典 :http://www.16aout-complex.com/?mode=cate&cbid=2333057&csid=0&sort=n

ベースマークの歴史


デザイナーの金木志穂は1982年神奈川県茅ヶ崎市生まれ。
パターンナーアシスタントからキャリアをスタートし独学にてテーラリングを学びました。
マークスタイラーなど、企業での長年の経験を経て、2014年にベースマークをニューヨークにて設立。
一時休止の期間を経て、2017年からコレクション発表を開始しました。2019年、Tokyo新人デザイナーファッション大賞プロ部門入賞しています。
現在は国内のセレクトショップを中心に展開しています。

まとめ


いかがでしたか?
ここではベースマークについてご紹介しました。
ベースマークはいつも着る洋服を買うという感覚ではなくて、特別なものを買う、という感覚で楽しめるブランドです。
是非みなさんも一度手に取ってご覧になってみて下さいね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です