土. 11月 26th, 2022
マルケスアルメイダ

ワークではないデニムアイテムがアイコニックなマルケスアルメイダ


ダメージデニムを用いたジーンズやスカートなどがブランドアイコンとなっているマルケスアルメイダ。
日本のファッショニスタからも絶大な支持を得ているブランドです。
ここでは、マルケスアルメイダの魅力などについてご紹介します。

マルケスアルメイダとは


マルケス アルメイダ(MARQUES’ALMEIDA)は、イギリスのファッションブランドです。
アイコンアイテムは、デニム素材のドレスやパンツでランウェイデビューとなる2011年秋冬シーズンに、オープニングセレモニーなどの有力バイヤー陣の目に留まり、注目を集めています。
メンズ&ウィメンズの他に、キッズラインも手掛けています。

マルケスアルメイダ
出典 :https://modesens.com/marques-almeida-cropped-pants/

マルケスアルメイダの歴史


マルタ・マルケス (Marta Marques)とパウロ・アルメイダ(Paulo Almeida)は、2人の出身地であるポルトガルのサイテックス(CITEX)ファッションスクールで学び、2009年に渡英。
セントラル・セントマーチンズ在学中に、それぞれ「ヴィヴィアン・ウエストウッド(Vivienne Westwood)」と
「プリーン バイ ソーントン ブルガッジィ(PREEN BY THORNTON BREGAZZI)」でインターンシップを経験します。
「ヘルムート ラング(HELMUT LANG)」で経験を積み、2011年秋冬に、ロンドンファッションウィーク中に開催される若手デザイナー3組による合同プログラム
「ファッションイースト(FASHION EAST)」で、ランウェイデビューを果たし、2013年春夏からロンドンファッションウィークの公式スケジュールでコレクションを発表。
2019年春夏、初となるパリでファッションショーを開催しました。

まとめ


いかがでしたか?
ここではマルケスアルメイダについてご紹介しました。
モードなエッセンスに、90年代のストリートスタイル、クラブやスケートキッズをミックスすることで、独自の“ストリートモード”なコレクションを打ち出しているマルケスアルメイダ。
是非みなさんも一度ご覧になってみて下さいね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です