金. 8月 19th, 2022
コールハーン

伝統製法と最先端技術から生まれたハイブリッドシューズを提案 コールハーン


長い歴史の中で確かな技術と伝統をつくり続けてきたコールハーン。
多くのファンを持ち、世界中から愛される魅力がたくさんあります。
ここではコールハーンの歴史などについてご紹介します。

コールハーンとは


コールハーン(Cole Haan)はアメリカで設立されたシューズブランドです。
その歴史は長く、世界中に多くの愛用者を持つブランドとなっています。
ブランドのコンセプトは「モダン・アーチザン」で、その名の通り職人的な技術とモダンな要素を組み合わせてつくられた靴は高いクオリティが認められています。
現在はメンズ、レディースのシューズに加え、バッグや財布など多くのアイテムを展開するブランドとして、まだまだ発展を続けています。

コールハーン
出典 :https://www.mistore.jp/shopping/brand/women_b/021158.html

コールハーンの歴史


1928年、アメリカのシカゴで誕生したCOLE HAAN(コール ハーン)。
ブランド名は、創業者である靴職人のトラフトン・コールとエディ・ハーンから取って名付けられました。
創業当初は紳士靴のみを扱っていましたが、次第に女性用や子ども用の靴も制作するようになります。
コールハーンは世界中に店舗を構えるようになり、1970年代にはアメリカの高級シューズブランドの代表的存在となりました。
2012年には世界屈指の投資会社『エイベックス・パートナーズ』の傘下となり、2014年には世界初のコンセプトショップが日本の銀座3丁目にオープンしました。

まとめ


いかがでしたか?
ここではコールハーンについてご紹介しました。
コールハーンは革靴だけでなく、最先端技術を駆使したスニーカーももちろんあります。
ランニングやテニスに最適なサポートを高めたシューズからタウンユースにもぴったりなシューズまで数多く揃っています。
コールハーンの「グランド」を取り入れたスニーカーは、履き心地の良さに驚くこと間違いなしです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です