土. 11月 26th, 2022
ジョンロブ

イギリスを代表する名門シューズブランド ジョンロブ


150年の歴史を持つイギリスのシューズブランド、ジョンロブ。
革靴が好きな方であればその美しいフォルムから誰もが憧れる名門ブランドです。
ここではジョンロブの歴史などについてご紹介します。

ジョンロブとは


ジョン・ロブは、ロイヤルワラント(英国王室御用達)を授かっているイギリスを代表する名門シューズブランドです。
数あるオーダーメイドのブランドの中でも世界最高峰でありキング・オブ・シューズとも言われています。
シューズ自体がなかなか市場に出回らずそのプレミアム度たるや、高級車を盗まれた持ち主が新聞広告で
「車はくれてやるから、トランクに入れてあったジョンロブの靴だけは返してくれ」と犯人に呼びかけた、
という逸話が残っているくらいです。

ジョンロブ
出典 :https://ja.m.wikipedia.org/wiki/

ジョンロブの歴史


1866年、靴職人であったジョン・ロブがロンドンのリージェントストリートにお店を出したのが、ブランドの始まりでした。
1976年ジョン・ロブの靴作りの技術を高く評価していたエルメスが、パリのブティックを買収したことで、ジョン・ロブはエルメスグループの傘下に入りました。
オーダーメイドのみを展開していましたが、1982年にブランド初の既製靴のコレクションを発表、1990年には既製靴を取り扱う初の店舗をパリにオープンさせました。
さらに1994年には、著名な靴製造業者が軒を連ねるイギリスのノーザンプトンにファクトリーを設立。
現在の既製靴のデザインと、ハンドメイドによる靴作りは、このファクトリーで行われています。
なお、2015年秋冬からは女性デザイナー、パウラ・ジェルバーゼ(Paula Gerbase)をクリエイティブディレクターに迎え、新生ジョン・ロブのコレクションを発表しています。

まとめ


いかがでしたか?
ここではジョンロブについてご紹介しました。
ブランド150年の歴史の中で、常に紳士のための靴を作ってきたジョン・ロブが、
現在の女性デザイナーの手によってどのような進化を遂げるのか、注目が集まるところです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です