月. 2月 6th, 2023
Dr.Martens

世界中から愛される8ホールブーツ ドクターマーチン


ビートルズ、ローリング・ストーンズ、クイーンなどの大物ミュージシャンが使用し、世界的に著名な映画監督・キューブリックの代表的な映画、「時計仕掛けのオレンジ」でも使用され、世界中で愛されているドクターマーチン。
ここでは、ドクターマーチンの歴史などについてご紹介します。

ドクターマーチンとは


ドクターマーチンとはドイツのシューズブランドです。
ドクターマーチンは、ドイツのクラウス・マーチン博士によって開発された、エアークッションの効いた靴底、通称バウンシングソールや、靴底を一周する黄色の縫い目(ステッチ)を特徴としています。
ドクターマーチンの靴は、世界で最も丈夫なグッドイヤーウェルト製法という手法で作られているため、堅固さに優れており、多少乱雑にあつかっても靴の底がはがれたりする事も滅多にありません。
通称“8ホールブーツ”として愛される「1460」ブーツは、1960年に誕生したブランドを象徴するピースです。

Dr.Martens
出典 :https://ja.wikipedia.org/wiki/ドクターマーチン

ドクターマーチンの歴史


1945年にドイツの医師クラウス・マーチンがドクターマーチンソールを開発したことをきっかけにスタートしたシューズブランド。
クラウス・マルテンスがスキーの事故に遭遇した際に、リハビリ用にタイヤのラバー素材に空気を入れて、ドクターマーチンソールを開発。
クッション性に優れていていました。
1947年、大学時代の友人の後押しもあり、ドイツから商品化しました。
1960年、R.グリックス社と技術提携を結び、最初のブーツ「1460Z」が発表しました。
2000年代に突入し、ドクターマーチンは「AirWair」というブランド名で伝統的な黒い靴、サンダル、つま先に鋼の入ったブーツといったさまざまなスタイルが発表しました。
現在はアンダーカバーなど様々なブランドとコラボし、世界中にその人気を轟かせています。

まとめ


いかがでしたか?
ここではドクターマーチンについてご紹介しました。
世界中の様々なカルチャーと常に寄り添ってきたドクターマーチン。
ぜひ1足は手に入れていたいシューズです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です