木. 4月 25th, 2024
ATHA

「日用品として纏う服」を提案 ATHA(アタ)


身体のラインをすっぽりと覆い隠す中性的なシルエットが人気のアタ。
特にブランドを象徴するコートには定評があり、男女問わず支持されているブランドです。
ここでは、アタの特徴などについてご紹介します。

ATHA(アタ)とは


ATHA(アタ)は、2018年秋冬からスタートした日本のファッションブランドです。大阪を拠点に活動しています。
「年齢/性差に縛られることなく、好きな服を着る」をブランドコンセプトにサイズや性別を超える服を提案しています。
どこか硬質で存在感がありながら、トレンドに左右されにくいデイリーユーズに向いたデザインとなっており、ベーシックな型を中心に遊び心あふれるデザインも特徴となっています。
また、ユニセックス・ワンサイズということにこだわられており、男性が着るとフェミニンに、女性が着るとマスキュリンと、着る人によって違った顔を見せてくれるアイテムが多いのも特徴です。

ATHA
出典 :https://www.aptc2021.com/atha

ATHA(アタ)の歴史


デザイナーを務めるのは、斎藤英樹(Hideki Saito)。1985年生まれ。学校では、建築やプロダクトデザインを学びました。
1998年、「MORIKAGE SHIRTS KYOTO」にてオーダーメイドと既製服のデザイン・製造に携わりました。
2006年に、「GADGET INC.」に就業しました。
2013年から、国内ブランドである「N4(エヌフォー)」のデザイナーとして活動していました。
2018年秋冬から自身のブランド「ATHA(アタ)」をスタートしました。

まとめ


いかがでしたか?
ここではアタについてご紹介しました。
美しく実用的なウェアを展開しているアタ。
体型や性別にとらわれない、自由な着こなしが楽しめるブランドです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です