月. 2月 26th, 2024
WEWILl

元ウェラバウツのデザイナーが突き詰めた服 WEWILl(ウィーウィル)


「ウェアラバウツ(WHEREABOUTS)」の元デザイナー福薗英貴が、スタートさせて話題のWEWILL。
「服作りはライフワーク」と捉える福薗が、ファッションに携わってから約20年の経験を活かし、本当に身に着けたいものを追求しています。
ここでは、WEWILLの魅力などについてご紹介します。

WEWILl(ウィーウィル)とは


WEWILL(ウィーウィル)は日本のファッションブランドです。
WEWILL(ウィーウィル)のブランドコンセプトは、「静かに、惹きつける服」。
デザイナーさんが数多くの服作りの経験を積み重ねてきた末にたどり着いた、自らが本当に身に着けたい服。
シルエットはゆったりとしていて、素材は柔らかい雰囲気を感じさせるものを用いられているので、デイリーに使えるアイテムばかりです。
いちから見出した素材と信頼する縫製職人たちによる精巧な仕立てが特徴的です。

WEWILl
出典 :http://news.revolution02.shop-pro.jp/?eid=215

WEWILl(ウィーウィル)の歴史


WEWILL(ウィーウィル)のデザイナーは、福薗英貴。
1976年、熊本出身。
高校卒業後、東京とパリで服飾を学びました。
その後、アントワープへ移り、2002年にアントワープ王立美術アカデミーを卒業しました。
2004年秋冬からメンズブランド「WHEREABOUTS(ウェアラバウツ)」をスタートさせました。
その後、「TAKEO KIKUCHI(タケオ キクチ)」や「Smith&Hardy(スミスアンドハーディー)」「NAILS(ネイルズ)」など複数のアパレルブランドでディレクターを務めました。
2017年秋冬から「WEWILL(ウィーウィル)」を立ち上げました。
2018年7月に銀座に旗艦店をオープン。
2018年春夏から「PORTER(ポーター)」とのコラボレーションを発表し始めました。
2019年春夏に「KIJIMA TAKAYUKI(キジマ タカユキ)」とのコラボレーションでハットを発表しました。

まとめ


いかがでしたか?
ここではウィーウィルについてご紹介しました。
ウィーウィルは、デザインはシンプルですが素材や縫製から美しさを感じ取れる素晴らしいプロダクトばかりです。
ぜひ一度手に取ってご覧になってみて下さいね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です