水. 6月 19th, 2024
KINDAGARDEN

韓国に自社工事を持ちながらクリエイションする KINDAGARDEN(カインダガーデン)


ファーストコレクションでは、東京の路上で声を掛けた一般人をモデルに起用したビジュアルを制作し話題となったカインダガーデン。
毎回コンセプトが異なるコレクションは、発表の度に注目されています。
ここでは、カインダガーデンの特徴などについてご紹介します。

KINDAGARDEN(カインダガーデン)とは


カインダガーデンとは、日本のファッションブランドです。
日本と韓国を拠点として活動しています。ユニセックスでの展開です。パターンから裁縫まですべて自社工場で作られています。
ブランド名は、「kind of(kinda)」+「garden」の2つの単語を組み合わせた造語です。
ブランドを通して、デザインした服を多くの人々と共有し、オーナーの色で染められたガーデン(感性、文化)の中で一緒に交感し調和し楽しもうというコンセプトで作られています。

KINDAGARDEN
出典 :https://jp.fashionnetwork.com/

KINDAGARDEN(カインダガーデン)の歴史


KINDAGARDEN(カインダガーデン)とは2018年春夏にスタートしました。
デザイナーは松本さやか(Sayaka Matsumoto)とジェーピー・パーク(JP PARK)。
松本さやかさんは2011年にモード学園を卒業。その後、ニューヨークに渡り、「トム ブラウン」、「ジョン バルベイトス」でインターンを経験。
「アントニオ アッズーロ」「M.パトモス」でフリーランスを経験。その後、ブランドを開始しました。

まとめ


いかがでしたか?
ここではカインダガーデンについてご紹介しました。
クオリティーを追求したコレクションながらも手に取りやすい価格に設定しているカインダガーデン。
是非一度ご覧になってみてくださいね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です