火. 2月 27th, 2024
amok

インパクトのある刺繍やドッキングデザインが人気 amok(アモク)


2015年にスタートした「amok(アモク)」。見慣れたモチーフをパロディーにしたグラフィック、インパクトのある刺繍表現やドッキングデザイン、アーティストとのコラボレーションなど、そのアートな世界観が話題のブランドです。
ここでは、アモクの特徴などについてご紹介します。

amok(アモク)とは


アモクとは、日本のメンズファッションブランドです。
ブランド名は、デザイナー自身の好きな言葉「暗黙知(あんもくち)」に由来しています。
ブランドコンセプトは、「温故知新」。
古きよきものを壊し、新しい技術などを用いて、人間の奥底の感情に響くような洋服のデザインを目指しています。
ディテールにこだわり、毎シーズンテーマに沿った形でデザインを考えています。
それを刺繍、ドッキング、リメイクなどの様々なオリジナルの手法を用いて規格からはみ出した洋服を展開しています。

amok
出典 :https://www.fakejam.com/brands/33

amok(アモク)の歴史


創業者は、大嶋祐輝(Yuki Oshima)。
1986年、群馬県出身。
東京モード学園卒業。
2008年に「MIHARA YASUHIRO(ミハラ ヤスヒロ)」でアシスタントパタンナーを務めました。
2010年、「ANREALAGE(アンリアレイジ)」でチーフパタンナーに就任しました。
その後、2015年にアモクを立ち上げ、2017年、「Tokyo新人デザイナーファッション大賞」のプロ部門に入賞しました。

まとめ


いかがでしたか?
ここではアモクについてご紹介しました。
カルチャーやアートを感じることができるアモク。
袖を通してみたくなる1着にきっと出会えるブランドです。
是非一度ご覧になってみて下さいね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です