木. 4月 25th, 2024
Kota Gushiken

芸術的なニットが人気のブランド Kota Gushiken(コウタ グシケン)


モナリザニットをはじめ、美しく絵画のようなニットが話題のブランド、コウタグジケン。
ファッション界内外から沢山の支持を得ているブランドです。
ここでは、コウタグジケンの魅力などについてご紹介します。

Kota Gushiken(コウタ グシケン)とは


Kota Gushiken(コウタ グシケン)とは日本・東京のファッションブランドです。
ニットウェアがコウタグシケンのアイコニックなアイテムになっています。
DIORのクチュールやプロエンザ・スクーラーなどでの経験を活かし、ひとつひとつ手作業で編まれたニットウェアが、まるで芸術作品のようです。
ニットを使って様々なデザイン・シルエットなどを表現しています。
前衛的なニットでどこまでデザインを生み出せるかにチャレンジしているようです。

Kota Gushiken
出典 :https://www.fashionsnap.com/collection/kota-gushiken/2021ss/

Kota Gushiken(コウタ グシケン)の歴史


Kota Gushiken(コウタ グシケン)のデザイナーを務めるのは、具志堅幸太さん。
1992年生まれ。
2016年にセントラル・セント・マーチンのファッションデザイン・ニットウェア科卒業。
インディテックスや澤田株式会社から奨学金・協賛を得て発表した卒業コレクションがTHE BUSINESS OF FASHIONで「TOP6 CENTRAL SAINT MARTINS BA GRADUATES OF
2016」に選ばれました。
2019年秋冬から自身のブランド「Kota Gushiken(コウタ グシケン)」を本格的にスタートしました。

まとめ


いかがでしたか?
ここではコウタグジケンについてご紹介しました。
ユーモアとアートをニットに落とし込むコウタグジケン。
是非一度その世界観をご覧になってみて下さいね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です