月. 7月 22nd, 2024
APOCRYPHA

ファンタジーをテーマにコレクションを展開 APOCRYPHA(アポクリファ)


服を通して、様々な文脈を独自の世界観で紡ぎ出していくブランド、アポクリファ。
毎シーズン、様々な要素をひとつの物語としてコレクションを展開しています。
ここでは、アポクリファの特徴などについてご紹介します。

APOCRYPHA(アポクリファ)とは


APOCRYPHA(アポクリファ)とは日本のファッションブランドです。
APOCRYPHA(アポクリファ)のブランドコンセプトは「FANTASY」。
ブランドの宿命を、「顧客に対し憧れの世界をファンタジーとして作り上げ、夢のような世界に引き込み、体験してもらうこと」と捉えられています。
毎シーズン、様々な要素を一つの物語としてコレクションを展開。
デザイナーが得意とする伝統的なメンズテーラーにおける極上の仕立て技術、経年変化を意識したディテールのチョイス、軍モノに見られる機能的で頑丈な仕様など、経験に裏打ちされた深みを宿すアイテムを提案されています。

APOCRYPHA
出典 :https://www.fashion-press.net/collections/brand/5049

APOCRYPHA(アポクリファ)の歴史


APOCRYPHA(アポクリファ)のデザイナーは播本鈴二氏。
服飾専門学校にて、デザイン、パターンを学ぶ。在学中にコレクションブランドにてインターンを経験。
その後、株式会社ヨウジヤマモトに入社。
メンズパタンナーとして経験を積まれます。
2014年に自身の名を冠したREIJI HARIMOTO(レイジ ハリモト)を設立。
その後2020春夏にAPOCRYPHA(アポクリファ)をスタートしました。

まとめ


いかがでしたか?
ここではアポクリファについてご紹介しました。
アポクリファの服には日々失われていく本当に良いモノ、本質的なモノに現代的な感性を乗せ、より多くの人に伝えたいという思いが込められています。
是非一度手に取ってご覧になってみてくださいね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です