火. 6月 28th, 2022
ALEXIS MABILLE

ウェディング史に残る名作を産んだ アレクシ マビーユ


パリのオートクチュールブランドで注目のアレクシマビーユ。
コレクションが発表される度にファッション界の
話題になるブランドです。
ここでは、アレクシマビーユの魅力などについてご紹介いたします。

アレクシ マビーユとは


アレクシマビーユとは、デザイナーのアレクシ・マビーユが手掛けるフランスのファッションブランドです。
現在では、メンズ、ウィメンズウェアの他、アクセサリー、クチュール、アンダーウェアと幅広く手掛けています。
もともとブライダルラインも展開しているデザイナーですが、モード感たっぷりの世界観で綴った2020春夏のクチュールコレクションは、ウエディング史に残る名コレクションといっても過言ではないと言われいます。
ルックをすべてホワイトにしたことで全てのドレスのデザインや構造が際立ち、色から解放されたことで、彼自身もある意味「原点回帰のような体験をした」と残しています。

ALEXIS MABILLE
出典 :https://www.pinterest.se/pin/450922981415895028/

アレクシ マビーユの歴史


アレクシ・マビーユは1976年、フランスのリヨン生まれ。
1997年、パリ オートクチュール組合学校(Ecole de la Chambre Syndicale dela Couture Parisienne)を卒業。
クリスチャン ディオールにてジュエリーをデザイン。
その他、イヴ サンローランやランコムなどでも活動していました。
2005年、自身のブランド「アレクシ・マビーユ(ALEXIS MABILLE)」を設立し、ユニセックスウェアを展開しています。

まとめ


いかがでしたか?
ここではアレクシ マビーユについてご紹介しました。クチュール界で革命を起こしているアレクシ マビーユ。
ぜひみなさんもその芸術を、一度ご覧になってみて下さいね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です