木. 9月 29th, 2022
ルメール

「日常のためにデザインする」フランス発 ルメール


実生活のためにデザインされた衣服やアクセサリーを提案しているルメール。
それらが長きにわたって着る人の“親密な仲間”となることが目的なんだとか。
ここでは、ルメールの歴史などについてご紹介いたします。

ルメールとは


ルメールとは、フランスで生まれたファッションブランドです。
元々、レディースファッションを取り扱うブランドとして、1991年にデビューしました。
ブランド名には、創立者自身の名前が付けられています。
1994年には、メンズコレクションを発表し、活躍の場を広げていきました。
クリストフルメールが手掛けるアイテムは、流行に左右されない芯のあるデザインが特徴的で、シンプルでありながら、斬新で美しいシルエットと、着心地について十分考えられたアイテムが魅力です。

ルメール
出典 :https://www.makes.jp/fs/makes/c/LEMAIRE_w

ルメールの歴史


1990年、クリストフ・ルメールが自らの名を冠したブランド「クリストフ ルメール」設立。
レディースブランドを立ち上げ、1994年にはメンズコレクションを発表しました。
2002年春夏、ルメールがスポーツブランドのラコステのアーティスティックディレクターに就任。
それに伴い2000年~2006年の間自らのブランドであるクリストフ ルメールは休止します。
ルメールは伝統を守りつつも自身のカット、色彩、斬新さを活かし、ラコステというブランドを再生させました。
2006年、クリストフ ルメールを再開し、パリのマレ地区にブティックをオープン。
ルメールは、同じ世代のブランドとの差別化を図る完全独立起業のオーナーとして、クリストフ ルメールを再スタートさせました。
2007年、クリストフ ルメールのショップを原宿(神宮前)にオープン。
2010年、2011年秋冬コレクションよりエルメスのレディスウェアのアーティスティックディレクターに就任することを発表。
2011年3月に行われた彼の最初のコレクションは高い評価を受けました。
2011年、サラ=リン・トランが加わった初のショーを行い、リブランド。
ブランド名を「クリストフ ルメール(CHRISTOPHE LEMAIRE)」から、新たに「ルメール(LEMAIRE)」に変更しました。
2015年、ユニクロとのコラボレーション「ユニクロ アンド ルメール(UNIQLO AND LEMAIRE)」を発表。
2016年、ユニクロとの新ライン「ユニクロ ユー(Uniqlo U)」スタート。以降、パリを拠点にユニクロの商品開発を行っています。

まとめ


いかがでしたか?
ここでは、ルメールについてご紹介しました。
リブランディングによってさらに進化しているルメール。
ぜひみなさんも一度ご覧になってみて下さいね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です