月. 10月 3rd, 2022
ジュンヤワタナベ

世界を魅了するデザイナー ジュンヤワタナベ


パッチワークやヴィンテージ加工などのクラフトクリエイションが人気のジュンヤワタナベ。
コムデギャルソンジュンヤワタナベとして世界で活躍しているブランドです。
ここではジュンヤワタナベの魅力についてご紹介します。

ジュンヤワタナベとは


コムデギャルソン社の中において2002年から始まったのが、コムデギャルソン・ジュンヤワタナベ・マン(COMME des GARÇONS JUNYA WATANABE MAN)です。
ブランドのコンセプトとなっているのは、「ベーシックな物に新たなフィーリングを取り入れる」ことです。
全く新しい物をゼロからクリエイティブするのではなく、既に存在しているベーシック、トラディショナルなアイテムを、ジュンヤワタナベのフィルターを通して新たな解釈を加えることで、
新しい価値を見出しています。
その触媒となるのは新素材だったり、ひとつのアイディアだったりですが、例えばデニムにヴィンテージ加工を施す、デニムでドレスを作ってしまう、
ドローコードで変幻自在にシルエットを変えられる服を作ってしまう、などです。

ジュンヤワタナベ
出典 :https://www.stock-lab.com/close-lab/36/

ジュンヤワタナベの歴史


ジュンヤワタナベ・マンのデザイナーである渡辺淳弥は、1961年に福島県で生まれました。
1984年には文化服装学院のデザイン科を卒業し、ギャルソン社に入社。しばらくは川久保玲の元でパタンナーとして修業を積んだ後、1987年にトリコ・コムデギャルソンのデザイナーに就任しました。
以来、様々なブランドに関わりながら活躍し、1995年には日本エディターズ・クラブのデザイナー賞を受賞、1999年には毎日ファッション大賞も受賞しました。
そして2005年から現在に至るまで、同社の副社長を務めています。

まとめ


いかがでしたか?
ここではジュンヤワタナベについてご紹介しました。
少しオトナな気分を味わいたい、年齢に合ったシンプルな服装を楽しみたい、という方は是非一度、コムデギャルソンを訪れてみて下さい。
自分を美しく魅せてくれる、最高の1着にきっと出会えるはずですよ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です