月. 2月 6th, 2023
HED MAYNER

イスラエルの霊性から生まれるデザイン ヘド メイナー


「エムエム6 メゾン マルジェラ(MM6 Maison Margiela)」ウィメンズウェアのクリエイティブディレクターを務めるヘイキ・サロネン(Heikki Salonen)が手がける事で話題のヴァイナーアーティクルズ。
ストリートとワークを組み合わせたテイストで人気のブランドです。
ここでは、ヴァイナーアーティクルズの特徴などについてご紹介します。

ヘド メイナーとは


ヘドメイナーとは、パリを拠点に活動しているメンズファッションブランドです。
中東に強くインスパイアされたコレクションになっており、霊性、伝統、もろさ、力、高潔さなど、様々な興味深いアイディアは、その地に溢れ、創造力の源となりました。
特徴でもある、独特なオーバーサイズシルエットは、イスラエルで学んだ伝統的なユダヤのテーラーリングと、イスラエルでよく目にした軍人のアーミーテイストと、パリで学んだラグジュアリー且つモダンなテイストをミックスすることで、絶妙なバランスを生み出しています。

HED MAYNER
出典 :https://vof-inc.visionoffashion.jp/journal/note_1165/

ヘド メイナーの歴史


デザイナーはイスラエル出身のヘド・メイナー(Hed Mayner)。
北イスラエル、レバノンの国境近くの小さな村アムカで育ち、エルサレムに移住しました。
16歳のころから裁縫をはじめました。
その後、4年間エルサレムのベツァルエル美術デザイン学院で学び、パリのアンスティテュ・フランセ・デュ・ラ・モードに入学し、その後2016年秋冬よりヘドメイナーをローンチしました。

まとめ


いかがでしたか?ここではヘドメイナーついてご紹介しました。
ヘドメイナーのシルエットはまさに今のトレンドと合致しているといえますが、それだけではなく、ブランドとしてデザインにポリシーがあり、芯がしっかり通っていることがブランドへの高い評価につながっています。
ぜひみなさんも一度ご覧になってみて下さいね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です