月. 3月 4th, 2024
Per Götesson

ミニマルながらアバンギャルドなストリートウェア Per Götesson(パー ギョーテソン)


2018年にはスウェーデンファッション協会から”Swedish Fashion talent of the year”の称号を与えられたパーギョーテソン。
近年話題となっている北欧出身デザイナーの1人で国内著名人も着用していることで注目のブランドです。
ここでは、パーギョーテソンの特徴などについてご紹介します。

Per Götesson(パー ギョーテソン)とは


Per Götesson(パー ギョーテソン)はファッションブランドで、メンズウェアをメインに展開されています。
スウェーデン出身のデザイナーによるブランドで、コレクションの発表はロンドンで行っています。
スカンジナビアの機能主義を主軸に考え、表現力豊かなシルエットが特徴的です。
ミニマルで、漠然としたものよりもディテールにこだわった洋服を発表しえいます。
デニムを融合させた反抗的かつ機能美をもったコレクションを提案しており、デニムを使って上品な雰囲気を生み出しています。

Per Götesson
出典 :https://ume-fashion-12kk.com/2019/07/04/per-gotesson/

Per Götesson(パー ギョーテソン)の歴史


Per Götesson(パー・ギョーテソン)のデザイナーを務めるのは、Per Götesson(パー・ギョーテソン)です。
スウェーデン出身で、ロイヤルカレッジオブアートを卒業しました。
Fashion EastとTopmanが主催する合同ショーMANの2017年春夏・2018年春夏コレクションに参加しました。
MANに歴代参加したブランドはどれも才能ある若手デザイナーで、ロンドンコレクションの1つの目玉となっています。
今までにロエベの現デザイナーのジョナサン・アンダーソンやディオールの現デザイナーのキム・ジョーンズなどがいます。

まとめ


いかがでしたか?ここではパーギョーテソンについてご紹介しました。
俗にいうミニマリズム系ブランドとは対照的で、装飾性の高い作品が多いパーギョーテソン。
デニム素材を使用した実験的な作品は一見の価値があります。
是非一度ご覧になってみて下さいね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です