土. 11月 26th, 2022
ノワールケイニノミヤ

独自の黒を表現 ノワールケイニノミヤ


最年少デザイナーとしてコムデギャルソン社の中でブランドを展開する事になり話題となったノワールケイニノミヤ。
ビッグメゾンにも認められ、世界中から注目を浴びるブランドです。
ここではノワールケイニノミヤの魅力などについてご紹介します。

ノワールケイニノミヤとは


ノワール・ケイニノミヤは日本のファッションブランドです。
ブランド名の「noir」はフランス語で「黒」を意味しており、ギャルソンにとっても重要な色である「黒」を基本としたコレクションが、ノワール・ケイニノミヤの特徴です。
色はほぼモノトーンに限られますが、使われる素材や手法は実に多彩で、そのため、同じ黒が様々な表情を見せてくれます。
リアルレザーとフェイクレザーを巧みに使い分けたり、一切縫いを入れず、超音波で溶かして接着してキルティング生地を作ったり、レーザーカットでパーツを切り出したり、
甲州地方に伝わる鹿革に模様をつけた「印伝」のようなプリントパターンを使うなど、常に前衛的な手法、技法に挑戦しています。

ノワールケイニノミヤ
出典 :https://www.thelabelfinder.com/noir-kei-ninomiya/4606880

ノワールケイニノミヤの歴史


ノワール・ケイニノミヤ(Noir Kei Ninomiya)は、コムデギャルソン社のデザイナー、二宮啓が2012年に立ちあげたブランドです。
同社において自分のブランドを持っているデザイナーの中でも、二宮は最も若手にあたり、ギャルソン社の新ブランドとしては、丸龍文人のGANRYU(ガンリュウ)以来、4年ぶりとなるものでした。
2018年にはMONCLERとのコラボレーションも話題となりました。
コレクションの度に、黒の持つ魅力を新たに更新しており、服の表現方法の幅を広げていっています。

まとめ


いかがでしたか?
ここではノワールケイニノミヤについてご紹介しました。
若干29歳でコムデギャルソン社の中でブランド展開を開始したノワールケイニノミヤ。
その特異な才能をふんだんに表現したコレクションは一見の価値があります。
ぜひみなさんもご覧になってみて下さいね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です